観葉植物

現在、日本で観葉植物として栽培されている植物は、およそ1000種以上あると言われ、その種類は非常に多岐にわたりますが、園芸店などで入手しやすい種類は一般的に栽培が容易で人気があるものに限られてきています。


さて、観葉植物の冬の手入れですが、日中は暖かい窓際などに置き、日が暮れたらできるだけ窓際から離します。冷気が葉を傷めます。カーテンだけでかなり防げます。 棚やテーブルの上にのせるのも効果はあります。断熱材も利用すればなお良いです。


水やりですが、観葉植物を持ってみて軽くなったら与えて下さい。回数を何度もやらず、一度にたくさん与えて下さい。室内ではそんなに成長が早いわけではないので肥料をやり過ぎないようにして下さい。肥料の基本は少な目です。


南国育ちの観葉植物にとって、寒さ対策と水分管理が、無事に冬を越させる上での基本となります。種類によって性質も変わればその手入れ方法も変わります。愛情込めて相手を良く研究し、大切に観葉植物を育てるという気持ちが一番です。

posted by yuu at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57166674

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。