男性心理から見る好意のサイン

男性心理を理解して、相手の真意や好意を探りたいと考えている女性は多いことでしょう。
ちゃんと相手を気遣う男性なら、そのようなこともないはずですが、自制が利かない男性心理があることも忘れてはいけません。
好意を抱く相手への対応や、話し方、視線というのは他人に見透かされるほど露骨な場合があるのに、上手く隠せないのも男性心理なのです。
男性は敏感に反応してくれるし、合コンなどの場では、本命の男性心理へのアピールにもなるのではないでしょうか。
いくつか方法はありますが、基本的には自分が相手を好きになることで、男性心理を刺激することができます。
好意を向けられるイコール自分が上に立つ、という図式が少なからずあるためか、誰かに好きになってもらうのは、男性心理的に悪く思いません。
むしろ好かれていると自覚した男性心理の動きは、全然好みのタイプじゃなくても、徐々に惹かれてしまう不思議な部分が備わっている気がします。
ストーカーなどの問題に発展するのは別ですが、好意というものに男性心理は寛容なのかもしれません。
そして思わず好きになってしまい、会話やスキンシップに変化が表れ出したら男性心理に訴えた結果と言えるかもしれません。
というよりも、好意というものに対して、女性よりも自分なりのしっかりとした意志を持っていることが、男性心理を分かりやすくしてしまうのでしょう。
しかしその寛容さは自分から相手に向けた好意に対しても、同じものを求めてしまうことがあるのも男性心理です。
自分が好意を向けているから、相手も悪い気はしないはずだ、というもので、男性心理の怖い面でもあることでしょう。
男は単純、と言われる所以は、好意の有無や表れ方が明快で、簡単な構造をしている男性心理にあるのかもしれません。
勝手に相手が好意を抱きそうなときは、きっぱりと嫌いになることで男性心理に訴えましょう。
スマートに、さりげなく男性心理に好意を伝えたいものです。
posted by yuu at 17:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。