男性心理を表す視線


彼らはすべての行いに責任を持ち、重く受け止めている傾向があり、そのことが男性心理にも大きく影響しているような気がします。
嘘を並べ立てるときに目が泳いでしまう方は、もしかしたら、男性心理が働いているだけで、本来は誠実な精神の持ち主なのかもしれません。
嫌いな人、尊敬する人、好きな人を見つめる視線は、それぞれ全く違う色をしていて、男性心理が滲み出ている気がします。
心内が露骨に出てしまう視線だからこそ、男性心理を探るに相応しいものではないでしょうか。
男性心理と視線の関係を、少し探っていきましょう。

男性心理を視線から察するには、まずその反応を覚えておくことが大事かもしれません。
ですが、好きな人から真っ直ぐ見つめられると恥ずかしさに耐えられず、視線を逸らしてしまう人もいて、視線ひとつでも男性心理は様々な面を持っているのです。
それだけではなく、その逆も同じだと勘違いしているケースがあるのも男性心理の不思議なところ。
男性心理は何かしらの根拠を持って回答を見出しますが、この場合も同じで、向こうが目を合わせてきたら、きっと気があるに違いないと、思い込んでいるような気がします。
しかし女性からすれば、これは男性心理に訴えかける手段として良い方法と言えるのではないでしょうか。
視線を上手く操って、男性心理を揺さぶっていきましょう。
男性心理からすれば好きなものに視線を定めるのは当たり前で、目をあわせる回数が多ければ多いほどその勘違いにのめり込むのかもしれません。
嫌いなものに対して目を背けたい、でも気遣ってあげないと、というのも男性心理なのです。

男性心理を発する視線ですが、彼らの注目が集まっているからといって、すべて好感を持たれているわけではないのも事実です。
とりわけ恋愛に見られる傾向で、好きな人を目の前にすると、視線が釘付けになってしまうのが男性心理です。
そもそも嫌いな人からじっと見つめられると、その思いが増長してしまう男性心理があるので、執拗に目をやる方法が必ず良いというやり方でもありません
posted by yuu at 17:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。