パートナーエージェントの情報セキュリティ体制


そしてパートナーエージェントのサイトには、情報セキュリティについてどのように取り組んでいるのか、その情報も掲載されています。
今の時代は個人情報保護法があり、企業が個人情報を取り扱うときは外部に漏れないように、厳重に取り扱わなければなりません。
それでも、個人情報がどこから漏れているのか、営業電話が自宅にしつこくかかってきたり、なぜかダイレクトメールが度々送られてくるといったことがあるでしょう。
ですから、個人情報を大量に取り扱っているパートナーエージェントの情報セキュリティが気になるのは当然のことだと思います。

パートナーエージェントの情報セキュリティは大変しっかりしていると思います。
これは当然のことですが、個人情報が載っている書類はシュレッダーにかけるだけでなく、シュレッダーにかけた書類は焼却処分をしなければなりません。
そして、焼却処分をしたら、焼却処分をしてくれた企業の証明印を貰わなければならないという決まりがありました。
また、プライバシーマークを維持するには、毎年社員からアルバイトまで、全員で規定の講習を受けなければなりません。
ISO27001は情報セキュリティのための規格なので、この規格をクリアしているパートナーエージェントなら、安心して自分の情報を預けることができると思います。
SSLは情報を暗号化できるプロトコルのようですから、パートナーエージェントは資料請求ページにも情報セキュリティが行き届いていると思います。パートナーエージェントの情報セキュリティが気になる方もいると思います。

パートナーエージェントに関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
そして、パートナーエージェントの情報セキュリティについての情報も、ネット上に掲載されています。
というのも、2008年にパートナーエージェントはプライバシーマークを取得しているからです。
情報セキュリティがしっかりとしていないと自分についての良い情報も悪い情報も外部に漏れてしまいますから、パートナーエージェントの会員になろうか考えている方は、しっかりと確かめるようにすると良いと思います。
posted by yuu at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。