結婚式の服とは


結婚式に参列した方々が、みな、同じようなスーツや、子供の入学式、卒業式に着るような無難な結婚式の服では、式に華やかさが足りません。
振袖は女性の第一正装とも言われていますから、結婚式の服に振袖を選ぶのは問題ありません。
ただ、そうはいっても結婚式に華を添えるような結婚式の服を選んだほうが良いようです。
花嫁に何色のドレスを着るのか、聞くことができる関係の場合は、結婚式に参加する前に聞いておくと良いでしょう。
そして、結婚式の主役は花婿と花嫁なので、新郎新婦よりも目立つような結婚式の服は選ばないようにします。
ですから結婚式の服を選ぶときは、マナーを守った範囲内で華やかなものを選ぶようにしましょう。

結婚式の服ですが、露出度が高い服もタブーです。
露出度の高い結婚式の服を選んでしまったときは、服の上からストールなどを身につけると良いでしょう。
蛇革といった動物の革が素材となっているバッグや靴は、結婚式に身につけていくのはタブーです。
小さめのバッグでは荷物が全て入らないと思いますから、小さめのバッグにプラスして大きめのバッグを用意すると良いでしょう。
結婚式の服に振袖を着ようか迷う人もいるようです。
結婚式へ出席するときはマナーを守った服装をする必要があるので、結婚式の服として何を選べば良いのか迷う人が大変多いようです。
白は花嫁の色とされていますから、白色の結婚式の服はタブーです。

結婚式の服に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
結婚式に参加するときは、大きめのバッグはクロークなどに預け、貴重品だけを入れた小さめバッグを会場に持ち込むようにします。
まず、ネットの情報を参考にして結婚式の服を選べば、マナー違反になることはないでしょう。
ですから、ぜひネットを上手に活用して、結婚式の服を選んでみてください
posted by yuu at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。