メール鑑定と霊視

メール鑑定が非常に盛んになっている現代ですが、その中でも実は霊視を望んでいる方も少なくはないようなのです。

メール鑑定で霊視してもらう場合、やはり相談者自身も霊能者に対して、敬意を払うことも必要になってくることを忘れないようにしましょう。
霊視を受けるために、まず相談者は電話なり、スカイプを使ってアクセスし、霊能者に霊視してもらい、関係結果をメール鑑定と言う形で送るわけです。
ところがかなりの霊力のある霊能者でなければ、メール鑑定の前に本人がいない場合は霊視が正確に行えないといわれています。
いうなればメール鑑定という形のメッセージを送った霊能者への感謝と適切なアドバイス、分析を守らなければ意味はありません。
つまり誠実な態度で霊能者に霊視を依頼して、送られてきたメッセージを真摯な気持ちで目を通すことがメール鑑定でも必要です。
霊能者に言わせれば、確かに肉声である程度は霊視できるのだそうですが、あまりにも強い霊だとメール鑑定だけでは間に合わないといいます。
つまりメール鑑定ではその霊に対する態度や姿勢のアドバイスを伝えるにすぎないので、実際に祓ってしまうことは難しいそうなのです。
このようなこともありますから、誠実な霊能者になればなるほど、メール鑑定を引き受けてくれない場合も少なくはありません。
メール鑑定についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、メール鑑定で霊視を引き受けてもらえる優秀な霊能者を探してみましょう。

メール鑑定で霊視の結果を相談者に伝えるということに対して、抵抗感を持っている霊能者も実は少なくはないのです。
また霊能者に霊視してもらって、メール鑑定が送られてきたら、それで終わりではなく、よく検定結果を検討する必要も出てきます。
また霊能者に言わせれば「本当に霊視が必要なくらい深刻と言う人は少数派」だとも言いますから、面白半分でメール鑑定を依頼するのはやめたほうがいいでしょう。
また非常に霊視を行うことは霊能者を消耗させますので、1日に何人も行うことは難しく、メール鑑定の結果も混乱しがちになるともいいます
posted by yuu at 17:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。