医者と付合う

医者と付合うというのは、例えば病気や怪我のときに考えさせられることです。
例えば、ぶっきらぼうでも腕は確かな医者と付合うのがいいのか、注射は下手だけれど話を親身になって聞いてくれる人がいいのか。
それも風邪や軽症といったケースではなく、長期間の入院が必要なときなどは、医者と付合う時間も長くなります。
どんな医者と付合うにしろ、一人ひとりが、この人が良いという好き嫌いがあります。
なぜなら、それらの病気は悪化させない努力が必要なのですから、些細なことでも手助けしてくれる医者と付合う方が心理的負担も減るでしょう。
上手に付合うには、自分の聞ききたいことをあらかじめメモしておきましょう。

医者と付合うにも、実際に目の前にして恐縮してしまい、聞きたいことが聞けなかったりします。
自分の疑問には、とことん自分で付合うようにしてください。
だからできるだけ相性の良い医者、あるいは本音で話せる医者と付合うようにした方が、病気にも良いかもしれません。
医者と患者の関係の元は人間関係ですから、長期間付合うとなると相性という問題は非常に大切です。
わかったつもりになるのは一番危険ですから、納得できない点はきちんと質問して医者と付合うよう心がけてください。

医者と付合うのは患者や病気としてだけではなく、長期にわたって密接な関係を結ぶこともあるそうです。
もし、医者と病気で付合うのではなく、友達以上の付き合いをお求めなら、インターネットなどで体験談などを参考にしてみてはいかがでしょうか。
合コンなどで付合うケースもありますが、病院の治療で巡り会うパターンもあるのです。
ただ、病気がとりもつ縁は、医者と患者さんが付合うよりも看護婦と患者さんに多いのだとか。
医師と患者では付合う時間が思いの他短いから、というのが理由だそうです。
意外な縁が功をそうして、医者と付合うことが出来るかもしれません
posted by yuu at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。