付合うことの意味


手をつないだので付合うのはOK、といった判断をする人から、告白されてから付合うべきだと決めている人もいるでしょう。
この場合の付合うとは、学校の先輩や仕事場の上司といったそれではなく、異性としてという意味です。
付合うということはつまり、友達以上の関係になるということだと思います。
けれど、そういうタイプの人同士でも一度付合うことになれば、とても息の長いお付き合いができるのではないでしょうか。
そういう人の場合は、誰かと付合うことになったとしても、恋愛に対して、お互いの基準がズレてしまったりもするでしょう。
もちろん、付合うという言葉一つとっても、人それぞれにこだわりのようなものがあるでしょう。付合うことの意味を考えたことがありますか。
どちらにせよ、相手と良い関係を築きたいのであれば、付合うことの意味を確認することは大切です。
クセのある人は常に少数だと思いますから、その少数同士が付合うということはとても価値のあることなのかもしれません。
趣味に没頭したい日や、一人で過ごしたい日もあるのだから、誰かと付合うのは億劫なのだとか。
気が付けば付合うようになっていた、なんていうカップルもいます。
付合う相手よりも自分の趣味と時間を大事にしてしまいがちですから。

付合うことの意味が分からないという方もいると思います。
恋愛に限らず、一般的な人と付合う場合でも同じことが言えると思います。
そういう意味では、自分に一切妥協しない人と付合うというのもありだと思います。

付合うことの意味は、千差万別、人それぞれの感じ方に委ねられます。
あるいはインターネットなどを使い、付合うことの意味について、似たような意見を探してみましょう。
posted by yuu at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。