付合うまでの期間


相手に好意があるからこそ、自分の多くを知ってもらい、早く自分と付合うようになってもらいたいのです。
付合うようになって、すぐに結婚というパターンもあるでしょうね。
あるいは付合う期間すら一切与えられず、あらかじめ結婚が決まっていたという例も少なからずあるようです。
相手の時間にたくさん付合うことで、知らない一面が見えてきます。

付合うまでの期間は長くとった方がいいと思う人もいれば、短く素早く適確に、返事だけほしいという人もいると思います。
反対に、付合うまでの期間を短くとり、早く恋愛関係を築きたいという人は、自分を知ってもらいたいタイプの人間でしょう。
付合うまでの期間としては、どちらにもメリットデメリットがありますから、一概にどちらが正しいとは言えません。
ただ一番大切なのは、付合うということに対して中途半端にならないことでしょう。
本当に相手がこの人でよいのか、きちんと付合う期間で見極めるべきでしょう。
付合う、付き合わないといった恋愛関係の間ならまだいいですが、結婚には大きな責任が伴います。
共同生活や将来への貯金、自分の子どもと付合うことや、相手の両親との関係など、乗り越えねばならない問題は沢山あります。

付合うまでの期間は、自分のペースで調節してみてください。
付合う相手に合わせるよりも、まずは自分の価値観をぶらさないことが大切です。
そうでないと付合う相手に流され、若いうちに子どもが生まれたりして、一番楽しい時期を逃したりしてしまいます。
その人の置かれている環境や、付合う相手の家柄に大きく左右されるものだと思います。
インターネットなども活用して、今の相手がどんなタイプに当てはまるのか参考にしてみるのも一つの手です。
こういった相手は危険信号、といった具合で警告を投げかけているサイトもありますので、一つの判断材料として活用してみるべきでしょう
posted by yuu at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。