ナンパ研究会


よくホストが客引きしたりするといいますから、ナンパがビジネスになっても法に触れるとは限りませんけどね。
というのも、男性なら人生の中で一度はナンパをした経験があるのかそうでないのかということなのです。
中にはナンパ研究会などというものに所属して専門にやっているという人もいるかもしれませんよね。
しかし、私が学生の時などにはナンパについて盛り上がっている男子生徒がいたのを覚えています。
私はナンパをされる度に、「あなたのような遊び目的の男に貴重な時間なんてあげることができないのよ」と思います。

ナンパなんて男性なら若い時に一度はしたことがあると主張する人もいるかもしれませんよ。
そこまでのレベルに達してしまえばナンパもある意味技術というか文化の一つにでもなってしまうのでしょうか。
一体そのようなナンパ研究会ではどんなことを学ぶことができるのだろうかと気になりますよね。
ナンパ研究会について詳しく知りたい人はインターネット上のサイトやブログを調べてみてくださいね。
ナンパがしたいけれど、どのようにしたら良いのか分からないという人たちがいるのでしょうか。
それともナンパを趣味としていてどれだけの女性を獲得したか競うのでしょうか。
もしくは、そのナンパというのをビジネスとしてしまっていたりするのでしょうか。

ナンパがビジネスとして成り立った時法に触れるか触れないかは微妙なところですよね。
もしそうならナンパがビジネスになった場合、これは完全たる売春行為に関わることになりますよね。
私の周りにいる男性は比較的硬派な男性が多いからかもしれませんが、ナンパをする人はいません。
ナンパ研究会で学んだテクニックを日常の恋愛で試すというのも良いかもしれませんね
posted by yuu at 18:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。