最高の片思い


逆に、片思いというのは好きな人がいるという、恋愛に発展させるための第一条件をクリアしているわけですから、ここからが勝負ということです。

片思いといっても、両思いになれる可能性は常にあるわけですから、何も悲観する必要はありません。
片思いということにネガティブな感情が芽生えているのなら、まずそれを書き換えることからはじめてみるべきなのかもしれませんね。
しかし、片思いをいつまでも引きずっていても道は開けないというのは、誰しも理解していることではないかと思うのです。
もちろん、お互いに片思いから両思いになることができたら、それは最高だといえるのではないでしょうか。
言うまでもなく、誰だって誰かに好かれていたいわけで、特に自分が好意を持っている相手から好かれていない、片思いのつらさとはそこにあるわけです。

片思いから、両思いになることができたときが、おそらく恋愛で最高の瞬間の一つではないではないでしょうか。
そう、片思いとは、もしかしたら恋愛の中でかなり最高な状態であるのかもしれないとすら思えるのではないでしょうか。
そういう前向きな姿勢さえ保てていれば、仮に片思いであろうともきっと道は開けていくのではないか、無責任かもしれませんがこんな風に思いました。
つまり、片思いとはもっともその最高の状態にリーチがかかっているわけなのです。
片思いのときは、ネガティブになるどころか、小躍りしても言いぐらいではないでしょうか。
片思いの時にはいろいろと考えてしまいがちです。
しかし大事なのは、ただ思い悩むだけではなく、状況を変える行動をとることなのではないでしょうか。
たしか、何かのデーターでも、楽観的に考えることが、恋愛においてよい結果をもたらすということが書かれていた気もしますし
posted by yuu at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。