片思い


それは最終的に発展して、いつか両思いになるという可能性を秘めているわけですから、むしろ、片思いには期待に胸膨らませておくぐらいでいいのでしょう。
なかなか両思い、すなわちお互いに好意を抱くというところまでは行かず、片方が好きになるところでとまる、つまり片思いで終了することが多いのではないでしょうか。

片思いは、基本的に報われない恋であるということは、確かにそうなのかもしれません。
そこまで単純なものではないとおっしゃる方もいるでしょうが、これは片思いが両思いに変化する条件そのうちある一つ、というようなものでしかありません。
しかし、一般的に片思いは非常につらいものだといわれています。
しかし、たとえば現在恋人同士であり、いわゆる両思いであるカップルが必ずしも最初から両思いであったとは限らない、むしろ片思いであったことのほうが多いのではないかと。片思いとは、いったい何なのでしょうか、なんて書くとすごく恥ずかしい感じの文章になりますが、皆さんは片思いの経験がどのくらいおありでしょうか。
どうして、このような片思いから両思いの関係へと変化するということが起きたりするのでしょうか。
それは、やはり人の心の仕組みにその理由があるといえるのではないかと思います。
もしも片思いに悩む人がいたのなら、このことを伝えておくべきではないかと思います。
つまりは、人間とは自分のことを好いてくれる人間を好きになってしまうという単純な理由です。
なぜなら、片思いは基本的に自分の思いが報われないということが前提としてあるからではないでしょうか。

片思いとは、結果としてそういう状態に落ち着いたということで、必ずしも悲しむべきことなどではないということがいえるのではないでしょうか。
そうやってきいたら、なんだか片思いが特別なもののように思えてしまいますが、しかしこの世の中片思いのほうが多いはずなのです。
posted by yuu at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。