男女交際の授業

男女交際、この言葉を聞いて、ワクワクする方も多いかと思いますが、今日は学校で子供と一緒に授業に参加して来ました。
実は今日の授業参観は仕事の都合で欠席するつもりだったのですが、その連絡をもらい、必死でスケジュールを調節して出席しました。
今日はそういう意味で、親も交えてこうした授業を開かれたようです。
家では中々ゆっくりしたくても出来ないと言うか、実際問題とてもしにくい話ですよね。
そんな男女交際について、よその子や親御さんの考え方を知るいいチャンスじゃないですか、張り切って行きましたよ。

男女交際の授業といっても、そこは小学校、あくまでも道徳的に取り上げるという形ではありました。
その時に、どういう形でその男女交際を受け入れたり維持したりするかが重要になるんですよね。
当然大半の児童は男女交際という言葉もその大まかな内容も把握しています。
男女交際がどんなものか知っている人という先生の質問に、ほぼクラスの全員が挙手。
同性の親としては、出来る限りいい恋をして、恋愛を大いに楽しんで欲しいとは思っています。
残念ながら、パパは今からもう娘の男女交際絶対反対令なんていうのを出していますけどね。
だけど、親が一生娘の男女交際を拒否し続けたら、私たち夫婦は孫の顔をみないままあの世へ行かなければなりません。
実は娘の通う小学校で、授業参観があったのですが、6年生の各クラスでは、男女交際をテーマにした道徳の授業をされる事になったんですね。
今はまだ小学生ですが、来年には中学生になる訳ですから、みんな今以上に男女交際という言葉を意識し始める事でしょう。
けれど、最近は幼稚園児でも恋愛だのセックスだのという言葉を知っている時代。
ただ、子どもが一人で見る事によって自分たちの男女交際に悪影響を与えるものであっても、親が一緒に見て上げれば良い影響を与える事もあるそうですね。
そこで、親がいい形でその男女交際をフォローして上げられればベストなんですよね。
うん、なるほどと納得、これはあるベテランお母さんの意見だったのですが、私にはこれから初めて娘と男女交際について向き合う上で、とてもいい勉強になりました。
最近は有難い事に男女交際を取り上げたブログやサイトが沢山あって、親も子も手軽に見られる時代です。
大事なのはそのブログやサイトの中身そのものではなく、それをいかなる場合も一つの男女交際を考える課題として扱う事なのだそうですよ。
posted by yuu at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。