高校生の男女交際

男女交際という言葉を意識し始める年頃は人それぞれですが、大体中学生から高校生位で、急激に興味を示すようになるみたいですね。
ですから、我々周囲の大人もその位の年の子にはあれこれ気を使います。
まず親はわが子の男女交際を非常に警戒しますし、学校でもいろいろ教えるようです。
この傾向は、現役高校教師である私としては中々良いのではないかと思います。
100%メリットのみの男女交際を自分で責任を持って最後まで維持出来るのであれば、あえて親や教師が煩く言う必要はありません。
実際問題、生徒の男女交際を我々教師が勝手に否定する事は出来ないからです。
世の中には、男女交際が発覚しただけで退学にする学校もあるようですが、それは恋愛の自由に反するでしょう。
だから、自分たちがブログやサイトで親心をとっとと察知し、それを逆立てないような男女交際をすれば波風は立たないのではないかと思いますね。
反抗期真っ只中の皆さんが、直接自分の親と男女交際について話し合うのは、ちょっと面倒でしょう。
細かいようですが、殆どの場合、高校生の携帯電話やインターネットの料金、それに部屋の電気代を払っているのは親ですからね。
例えば、好きな子が出来て、その子の事を考えるとぼんやりしてしまい、勉強に身が入らないのは実に困ったものですよね。
多くの親御さんが心配されているのは何気なく始まった男女交際が最終的にこういう結果になる事なのではないでしょうか。

男女交際全てが悪い訳でもないですし、得るものも沢山あると私は考えます。
けれど、男と女の間にトラブルは付き物、ある程度大人になればそれも又、何とか自分たちで処理出来るのですが、残念ながら高校生の間はそれがいささか困難です。
ですから、ルールを守って楽しい男女交際さえしてくれれば私的にはOK、きっと世の多くのお父さんお母さんも同じように考えていらっしゃるのではないかと思いますよ。
けれど、その多くは男女交際そのものではなく、我が子のハートが掴めなくて悩んでいらっしゃるような感じ。
そこで、私としては世の高校生諸君に、そういうブログやサイトに目を向けていただきたいのです。
又、煩く言われれば余計に反発してしまうものでしょうし、親も中々オープンには討論出来なくて、半ば怒ったように接してしまう。

男女交際に限らず、世の中全ての行為にメリットとデメリットは付き物で、中でも男女交際の場合はその両方が大きいと言えるでしょう
posted by yuu at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。