恐るべし男女交際のトラブル


何ですか、後々復縁などを迫られないように、内容証明で二人が別れた事をきちんと通達してくれるんだそうですよ。
男女交際は順調に進行している時は良いのですが、一つ狂うと怖い。
となると、やはり、お金の恨みと負けず劣らずたちが悪いのが異性への恨み、男女交際のトラブルでございます。
以前アメリカの名門大学で起こった銃乱射事件、全く無関係の人の多くの命が巻き添えとなりました。
あの事件の引き金になっていたのも容疑者の抱えていた男女交際のトラブル。
まあ彼の場合は浮気現場を奥さんに取り押さえられて、慌てて彼女のマンションの階段から落っこちて足を悪くしたんですけどね。
そうした事件を少しでも減らすためかどうかは分かりませんが、近頃では男女交際のトラブルを専門に扱う相談事務所のような所も存在するんですね。
瞬間的な男女交際のトラブルだった訳ですから、防ぎようもなかったのでしょう。
その辺り、人の不幸を参考にするのは良くない事ですが、いろいろな男女交際のトラブルの経過や結果を知っておく事はとても大事。
まあその逆のパターンもある訳で、こうした過去の男女交際のトラブルに巻き込まれる今の恋人は災難としか言いようがないでしょう。

男女交際を始める時は、皆さんきっと将来そんな新聞やテレビに載るような男女交際に発展するなんて思ってもいない事でしょう。
まあ、いつ過去の男女交際のトラブルが新しい幸福を妨げるか分からない時代となった昨今、それ位の事をしておかないといけないのかも知れませんね。
されど、殺人事件の動機と申しますか、きっかけと申しますか、とにかく引き金になるのは大抵金銭トラブルか男女交際のトラブルではないでしょうか。
本当にいい男女交際をしていたら、お互い分かれる時もいい別れ方が出来るはずだと私は思います。
心や体をズタズタにし合うような別れ方だけはなくしていただきたいものです。
男女交際のトラブルで障害者となった友人を見ていて、私はいつもそう感じますね。
あれなんかは、ホントとんでもない話で、被害者となったカップルが直接過去に加害者との男女交際によるトラブルを抱えていたものではないんですよね。

男女交際のトラブルというのは、今の男女交際にはまるで無縁の第三者によって引き起こされる事も少なくありません。
私はそう思って、よく恋愛関連のブログやサイトを読んでいます。
posted by yuu at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。