結婚式のマナーと袱紗

結婚式のマナーは慶事を心から祝う気持ちの現れでもあり、一般常識とも言えます。
服装や招待状の送り方、案内状の返信方法など結婚式のマナーは結婚式前からたくさんあると聞きます。
結婚式のマナーの多くは日常生活において必要な常識も多々あるので知っておくと便利なようです。
ご祝儀袋が入っていた透明な袋に入れたまま持参する人も多いようですが、結婚式のマナーとしては正しいとは言えません。
結婚式のマナーを守ってお互いに気持ちのよい時間を過ごせるよう心がけると良いでしょう。
ご祝儀袋を袱紗の中央に置いてからのたたみ方は、結婚式のマナー通りにすると良いかもしれません。
袱紗とは絹製のハンカチ大の布のことで、結婚式のマナーとして古くから利用されています。
結婚式のマナーを知っておくとお呼ばれした時も自分が招待する時も恥をかかなくて良いかもしれません。
最近の袱紗は慶事だけでなく弔辞にも利用できる兼用タイプもあるようなので、結婚式のマナーとして1枚用意すると大変便利かもしれません。
袱紗ひとつをとっても色々な結婚式のマナーがありますが、知っておくと冠婚葬祭で役立つので便利なようです。
結婚式のマナーでは袱紗のたたみ方やご祝儀袋の包み方は慶事と弔辞では逆になると覚えておくと良いでしょう。
せっかくのお祝いの場に水を差すような事をしないよう袱紗の結婚式のマナーを知っておくとよいかもしれませんね。

結婚式のマナーでは袱紗を準備するだけでなく、袱紗の包み方にも決まりがあるようです。
年齢がある程度上の人などは結婚式のマナーとして袱紗をきちんと利用した方が良いかもしれません。
結婚式のマナーである袱紗は古くから伝わる礼儀作法のひとつなので、しっかり準備すると良いでしょう。
年頃になると友人の結婚式に招待される機会も多くなるので、早めに結婚式のマナーを習得しておいた方が良いかもしれませんね
posted by yuu at 17:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。