結婚式のマナーと親族


招待する身内側である親族にも結婚式のマナーはあり、知らないと親戚中が恥をかくようです。
結婚式のマナーは親族も招待者同様守らなければならない事は多いので、事前の確認が必要かもしれませんね。
結婚式のマナーをお互いが守れば、新郎新婦も心から安堵して新しいスタートが切れるかもしれません。
結婚式のマナーを親族が守る事により、より親密で友好的な親戚関係を気付く事が出来るかもしれません。
式の前にお互いの親族を紹介しあう事もあるので結婚式のマナーでは親族は早めの到着が望ましいとされていると聞きます。

結婚式のマナーでは挙式の前に親族同士が自己紹介をするのが一般的なようです。
独身女性である場合は振袖を着用した方が格も上がるので結婚式のマナーとしてふさわしいかもしれません。
結婚式のマナーでは相手を不快にさせない事が基本であり、お互いの新たな門出を心から祝う気持ちが大切と言えるかもしれません。
挙式は神前式やキリスト教式など様々ですから、各宗派にあった結婚式のマナーを確認しておくと良いでしょう。
全員の自己紹介が終わったら双方改めて挨拶をし直すのも結婚式のマナーかもしれません。
相手の親族と初顔合わせの身内も多いでしょうから、結婚式のマナーでは全員を紹介するのが望ましいと聞きます。
結婚式のマナーとして行う親族紹介では新郎新婦の父親が自分の親族を紹介するのが一般的なようです。
結婚式のマナーとして親族も服装に気をつけることが重要であり、留袖やモーニングなどが主流のようです。
その際は相手に紹介する親族の名前と新婦との続柄を伝えるのが結婚式のマナーと聞きます。
posted by yuu at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。