結婚式場の福岡事情

結婚式場は絶対福岡にしてね、新幹線に乗りたいからと、大好きな姪っ子に煩くせがまれて、娘が選んだ式場は海の上の教会でした。
娘がそんな自分の夢を実現出来たのは、仏滅の日を選んだという事もあるのでしょう。
されど、花嫁の母として、結婚式場に行くのは生まれて初めての経験、流石に緊張しました。
あの結婚式場を選んだ時から、娘は冬場に挙式をしようと決めていたようです。
私も仕事柄、よく結婚披露宴には招待される方なので、何度か行った事のある結婚式場です。
仏滅の日の夕方に開かれた娘の挙式と披露宴は、最初はぶつぶつ言っていた親類縁者からも、結婚式場のロケーションのお陰で、終わってみれば大好評でした。
仏滅の日の夕方がもう一つの大安吉日だという事も、どうやらそんな結婚式関連のブログやサイトを読んでいるうちに知ったようです。
当然、大安吉日の挙式は今も昔も大定番、中には人気の結婚式場を抑えるだけでも大変な事もあります。
そういう場合は、結婚式場の空き状況によって、指揮や披露宴の時間が決まる事もしばしばですよね。
昨年娘たち夫婦が挙式を上げた結婚式場は、百道浜にあるまりぞん、九州地方では定番のウエディングスポットと言えるでしょう。
考えてみれば、地元佐賀県に来るのだって、大阪から博多までは新幹線なんですよね。
でもね、大安の夜も仏滅の夜もそれほど運勢というか縁起と言うか、そういうものは変わらないらしく、仏滅は結婚式場も何かとお得なんですよね。
娘はブログやサイトを参考に結婚式場を決め、日時も考えたようです。
なんで、こんな寒い時期に結婚式をするのよ、春まで待てば、と最初は反対もしましたが、それも今は納得。
スタートは夕陽が実に美しいサンセットパーティー、そして次第に陽が落ちるにつれ、クリスマスイルミネーションの輝くナイトパーティーへと変わって行ったからです。
そして、仏滅の日の夕方は、もう一つの大安吉日だと結婚式場では考えられているそうですよ。
その際、何にポイントを置いて、皆さんは日にちや時間を決められますか。
今や手軽に気軽に情報収集出来るブログやサイトは、結婚式場選びの強い味方なんですね
posted by yuu at 17:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。