結婚式場


まあもっとも、よくよく考えてみれば、結婚式場というのは、結婚式を行う場所という事ですから、造語もいいところですよね。
結婚式場の人たちのアイデアが満ち溢れている事がとてもよく解ります。
極端な話、田んぼや畑、山林、あるいは大草原のど真ん中であっても、そこでどこかの愛する二人が誓いを立てれば、そこはたちまち結婚式場に早変わりする訳です。
バブルの頃は当たり前のように開かれていた、ちょっと派手すぎるんじゃないの!?っていう感じの披露宴も殆ど見かけなくなりましたよね。

結婚式場もそんな新郎新婦のニーズに応えるため、光をふんだんに取り込んだ会場を準備したりもしているようです。
それもそのはず、結婚式に出席するって言っても、実際には結婚披露宴に出席するだけというパターンが殆どですものね。
最近は結婚式も挙げないから披露宴もしないという夫婦も増えているだけに、すっかり結婚式場という場所へ出向く機会も減ったような気がします。
と言うか、結婚式場イコール披露宴会場と思い込んでいる人も多いみたいです。
なので、結婚式場としては、両極端のプランがそれぞれ人気を集めているとみているようですね。
ある結婚式場の人の話によると、最近のキーワードは低コストで、温かみのある披露宴なんだそうですよ。
おまけに少子化や晩婚化で若いカップルは減る一方、どこの結婚式場もお客様を確保するのに必死なようです。
ある結婚式場の庭だけを借りてのガーデンパーティー、立食スタイルのランチの料理メニューも、カレーやお寿司、焼肉といった、ごく普通のメニューが並んでいました。
ブログやサイトを参考に結婚式場を選ぶカップルが目立つ昨今、そんな両極端のプラン比較は、読んでいるだけでも結構面白いですよ。
時代の流れとともに、結婚式のスタイルが変わり、それに伴って、結婚式場のスタイルも変わって来ているんだなぁっと実感させられました。
それでも、一生に一度の事だからと言って、思いきり豪華な挙式を希望するカップルが後を絶たないのも事実だそうです。
だから、彼の家のお庭でおよばれしているような実に気楽な雰囲気が気に入りましたね。
因みに、英和辞典で結婚式場と引くと、"place for the wedding"や"wedding center"、あるいは"wedding parlor"などと出て来ます。
速い話、ホテルや会館だけでなく、神社でも、お寺でも、教会でも、どこでもいいんですよ
posted by yuu at 22:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。